笑顔の裏には大変な気持ちをたくさん抱えている保育士さん

保育士の資格を取得するには保育士養成の専門の大学、専門学校を卒業するか一般の大学卒業後や児童福祉施設で決められた期間、実務経験をすれば保育士試験を受験する事もできます。なので社会人・主婦の方も資格を取得する事が可能ですね。なので転職を機に保育の現場に就く方もいるかと思います。最近では保育士の求人は数多く出ていますが保育士は人手不足とも言われていますよね。なぜ長い事、人手不足が続いているのか考えてみると一つは年収の低さだと思います。平成27年度の全国の保育士の平均年収は323万です。月収で計算すると平均22万です。給与が低くても子供が好きだからの気持で保育士をされる方が多いと思います。保育士が子供を好きなのは大前提ですが好きだけでは続けることが出来ないくらい大変な面が多いですね。子供は元気いっぱいなので体力仕事でもありますし子共の命を預かり見守る仕事ですので精神的苦労も多いでしょう。最近メディアなどでよく耳にするモンペと呼ばれる保護者への対応だったり保育士は精神的プレッシャーを常に抱えていると思います。それゆえ悩みも多いと思います。保育士の悩みを共有できるような職場の人間関係が整っていれば解決への近道を見つけたり頑張っていけたりもするのでしょうが職場の人間関係は現場に入って初めてわかることが多いのが現実ですよね。待機児童問題もある中でたくさんの問題もありますが保育士が、やりがいを持ち続けられるような良い環境の保育の現場が増える事で子供達の成長にも良い影響を与えることがきっとできるんじゃないでしょうか。