興信所に浮気調査を依頼する場合の事前確認とその費用ついて

興信所に浮気調査を依頼する場合の事前確認とその費用ついて

あなたのパートナーの浮気について、もしも何か怪しいなぁと感じたら、その真実を突きとめたくなると思いますが、探偵事務所等専門的に調べてくれる機関も有りますが、その前にやっておくべき事が有ります。

それは調査をしたい相手が浮気をしている確証を掴む事です。

浮気や不倫の兆候

浮気をしている場合には何らかの兆候が有ります。身近な所でいくつか紹介します。

先ずは携帯電話です。常に携帯電話を手放さず、例えば電話が掛かってきた時等はすぐに離れて電話に出る、電話に出ても「後で折り返し掛け直します」等とすぐに電話を切る、頻繁携帯メールを従送信している形跡がある、携帯電話がロックされた状態になっている、携帯電話に触らせない等が挙げられます。

自動車から浮気を見つける

相手がもしも自動車をお持ちで有れば、その車にも痕跡があるかも知れません。

主な所では助手席の位置が微妙に変わっていたり、車内に今までとは違う音楽CDが有ったり、キーホルダーが変わっていたりします。

その他にも帰宅時間が遅くなってきたり、外出する頻度が急に増えて来たり、音楽の趣味が変わったり、夫婦関係を拒むようになったり、急に金の使い方が荒くなったりと、今まで付き合ってきたパートナーからしてみると何か変わったなと感じやすい物が多いです。

浮気調査を探偵事務所に依頼される前に、ご自身である程度調べてみる事で、事前に依頼する為の信憑性を高める事が出来ます。

探偵事務所(興信所)に依頼する際の注意点

次に実際に探偵事務所(興信所)に依頼する際の注意点ですが、現在結構悪徳な商法で探偵を引き受ける業者が多いので注意が必要です。

事前に次の点を良く確認する事が必要です。料金相場を知っておく、大人数での調査は断る、強引な営業に注意する、成功報酬は定額制の所を選ぶ等が挙げられます。

充分注意して下さい。一般的に浮気調査で掛かる費用は、30万円から40万円掛かり、その費用の内訳には、張り込み、尾行、撮影による行動調査を1日6~7時間を調査員2名で3日間調査する、その他諸経費、撮影機材一式、調査車両1台、報告書(ビデオ映像含む)、等が含まれます。

勿論興信所毎にその費用は事なりますので、事前に費用の確認と費用に含まれている項目を確認する事は言うまでも有りません。